ぱさつきの少ないドライヤーの使い方

本日 お客さん 来店

メニューは 前髪カット(笑)

まずは こちらを どうぞ

ぱさつきの少ないドライヤーの使い方

わりと 収まりが いいでしょ?

そう いつもより 毛先の 収まりが よかったんですよ

そんで 前髪を 切りながら 談笑していると

お客さんが 言った

「数年ぶりに 新しいドライヤーを 買ったんだよね♪」

だからか~

以前 使っていた ドライヤーが 宿泊施設に よくあるような タイプの

風量は ないけど 

やたらと 熱い風を だす ドライヤーだったらしい

そりゃ ぱさつくわけだ(笑)

髪は 熱に 弱い

諸説あるが 髪が フルウェットの 状態で

60度くらいから 髪の タンパク質は 変性していくと 言われている

そんで 痛んだ 髪は もう 元には戻らない(+o+)

お客さんも 言っていたんだけど

新しいドライヤーは 乾かしていても そんな 熱くならないんだってさ

髪の 乾かし方は 結構 重要で

熱で 乾かす ような 感じだと

髪の水分を 必要以上に 奪ってしまう

そんで 仕上がりが ぱっさぱさ(+o+)

ある程度 乾いてきたら

冷風も 使いながら ドライヤーを 使っていく

結構 しっとりした 仕上がりに なるよん♪

イオンなんて でても でなくても いいからね(笑)

この記事が オモシロかったら ぽちっと

下の いいねボタンを よろしくお願いします♪

スタイリスタのフェイスブックページ


沖縄県宜野湾市大山
美容室stylista
 みやぎ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>