パーマ剤による違い。

パーマってのは 髪の結合を 切って

そんで 切ったのを くっつける 作業

髪の 結合を 切る薬と くっつける薬

それぞれに 種類が あって

最近 くっつける作業の 重要性を つくづく 思う

やしが 美容業界では 切る薬のほうが フォーカスされやすいんだな

なぜっちゅーと 切る薬は アルカリ剤が 使われて いたりするんで

髪に 負担を かけることが 多いってわけ

だから どんだけ 髪に負担を かけずに

髪の 結合を きるかは 美容の 業界紙でも

よく とりあげられるんだけど

やしがよ~~~

切ったものを ちゃ~んと くっつけてやらないと

その後の パーマもちが 違うのは もちろんのこと

それに 切った部分を 放っておくと

切れなくなるもの 変化して

髪の ダメージが 進むとも 言われている

そんくら~い 大切な くっつける作業なんだけど

以外と 美容室では 流れ作業に なっていて 

それほど 気にされていないことが 多い

切る作業ってのは 髪質に 合わせて 強さを 調整するのに

くっつける 作業は 流れ作業に なるって・・・・

そんで 最近 ちと 思ったのが 切る薬と

くっつける薬の 相性ってのも もしや あるんじゃねーか?

まずは 同じ 切る薬を 使って

くっつける薬は 変えて やってみた

沖縄県宜野湾市美容室stylista|パーマ剤による違い。1

まぁ ここでは そこまでの 違いは ない感じなんだけど

これを ストレートアイロンで まず まっすぐにして

そんで また くっつける薬を つける

パーマ時に くっつける薬が ちゃんと 作用していたら

例え ストレートにして くっつける薬を つけても

ウェーブってのは 維持するんじゃねーか?

ってことですね

沖縄県宜野湾市美容室stylista|パーマ剤による違い。2

ありひゃい

くっつける薬でも 強さが 違うな

ちょいと前に 違和感を 感じていたのが

切る薬の種類の 違い ってよりも

切る薬に使われている PH もしくは アルカリ剤に よる

影響が 考えられるかな

簡単いうと 強い作用の きる薬を 使ったら

くっつける 薬も 工夫して やんないと

パーマもちと ウェーブ維持は 

しにくくなるんじゃないかな?

スタイリスタのフェイスブックページ


沖縄県宜野湾市大山
美容室stylista
 みやぎ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>