カラーのダメージ軽減させる可能性3

またまた、この前の実験の続きでーす。

カラーのダメージ軽減させる可能性

カラーのダメージ軽減させる可能性2

最後に色持ちや、ウェーブもちを検証するために、うんざりするくらいシャンプーしてみた。

まずは、1か月イメージでシャンプー31回。

カラーのダメージ軽減させる可能性31

こんなあんばいになりました。

さらに、2か月後をイメージしてさらにシャンプーを31回したのが、こちら。

カラーのダメージ軽減させる可能性32

う~ん。

実は、30回のシャンプーと60回のシャンプーの間に数日のブランクが・・・・・((+_+))

さらに、照明の条件やカメラの条件で色の違いは分かりづらいっす。

まぁまぁ、そこは大目に見て貰って。

最後に、3カ月後をイメージしてさらにシャンプーを31回。

カラーのダメージ軽減させる可能性33

こんな感じ~。

写真では分かりづらいが、肉眼で見たらオイルの種類や濃度で若干の色の違いが出ている。

ウェーブの出方も、オイルの濃度や種類で違う。

明らかにウェーブリッジが出ているもんもあるんだよね。

これを、オイルの添加によってダメージが抑えられたのか、なんとも言えないが。

ウェーブがだれにくってのは、お客さんのスタイリングがしやすいってことだろうから、これは使えるな。

それと、肝心の色については。

これも、何もしないよりは、色が残っている毛束もあってこれは使える。

ただし、ウェーブ残りがいい毛束と、カラー残りがいい毛束は違うオイル条件なんで、どっちがいいかはなんとも言えんな~。

もう少し、検証している必要があるね。

スタイリスタのフェイスブックページ

沖縄県宜野湾市大山
美容室stylista
 みやぎ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>