今度は乳化を考える。

某美容の業界誌で、カラー後の乳化の仕方で色は入りが違うとかって特集をしていた。

水での乳化は浸透圧の関係で、髪から色素やら毛髪成分やらが抜けるとか。

カラー後はアルカリで髪が膨張しているんで、さらに、抜けやすいとか。

それで、水にCMCつまりは油を溶かしてから、乳化したら色が抜けにくく、ダメージも少ない!!!

とかなんとか書いていた。

ダメージが少なくなるかどうかは、知らないけど。

今日、流れなかった髪の成分は明日には流れるとかの程度かもしれんが、オイルで濃染ってのはありかも知れんって事で、まずは、染まりが分かりやすいように、カラー半分で染めてみた。

右が普通に染めて左が、カラーを半分にして染めた。

今度は乳化を考える。1

半分ってだいぶ、薄くなったね。

そんな感じで、半分カラーで染めて、その後に乳化。

左から、水で乳化、オイル半分で乳化、オイルだけで乳化してみた。

今度は乳化を考える。2

オイルだけで、乳化した毛束の方が色が濃く出ている。

そういえば・・・・・・・・・・・。

某メーカーがお茶がカラーを濃染するとかなんとかって言って、商品をだしていたな~。

って事で、今度はお茶で乳化(笑)

左から、水で乳化、オイルで乳化、お茶で乳化、某メーカーの商品で乳化してみた。

今度は乳化を考える。3

やっぱ水だけよりも、オイルだけで乳化したほうが、染まっているし。

やしが、お茶で乳化の方が、オイルだけでの乳化より濃染している。

こりゃ、どぅまんぎる!!!

さすがは、沖縄県産ぴんのお茶(笑)

そんで、最後に、左から、普通にカラー、カラーを半分にして、水で乳化、オイルで乳化、お茶で乳化、某メーカーの商品で乳化したやつ。

今度は乳化を考える。4

お茶のタンニンは草木染の媒染なんかに使われるみたいだしねー。

堅牢度が上がるんだってさ(^_^)v

ヘナだって、染める前にヘナ汁をかけたほうがよく染まるもんな~。

まぁ、ヘナとカラーは染料の違いかもしれんが、これは面白い。

先媒染にするか後媒染か。

お茶の濃度、抽出時間や温度、品種やメーカー。

またまた、使う染料の色味や明るさなんかでも、変わるだろうからね。

とうぶんお茶と向き合って、みようかな(笑)

スタイリスタのフェイスブックページ

沖縄県宜野湾市大山
美容室stylista
 みやぎ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>