温度を下げてからの乳化。

今度は乳化をするときの、水の温度に変化をつけてみた。

 

 

どうせやるなら、極端な方がわかりやすい!!!

 

 

っちゅー事で、冷蔵庫で冷やした水を用意した(笑)

 

 

これは例えいい結果がでても、実際にお客さんには使えんな(+o+)

 

 

ほんじゃ右から。

32度のお湯で流し乳化した。

38度のお湯を霧吹きで乳化した。

冷蔵水で乳化した。

冷蔵お茶で乳化した。

冷蔵お茶でちょっと長く乳化した。

温度を下げてからの乳化。1

 

 

やっぱ、予想どうりに冷たい方が、彩度が高めにでた。

 

 

32度のお湯を流し乳化の場合は、彩度、色相はキープして、淡くなっている感じ。

 

 

38度霧吹きの場合は、明度は落ちているが、彩度が鈍くなっている感じ。

 

 

冷蔵霧吹きの場合は、38度流し乳化にくらべて、彩度のにごりが出ている感じ。

 

 

お茶よりは水の方が、彩度はキープしている感じに見えるし、時間をおけばさらに色が抜けている感じ。

 

 

そんで、いまんとこをまとめると。

 

 

水の量が多いと、色残りが薄くなる。

 

 

水の温度が高いと、色残りが薄くなる。

 

 

ってな感じかな~。

 

 

スタイリスタのフェイスブックページ

沖縄県宜野湾市大山
美容室stylista
 みやぎ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>