シャンプーなんぞや

シャンプーの有効成分は界面活性剤。

よく悪者にされたりするんだけどね。

界面活性剤はマッチ棒のような感じの形でさ。

かたっぽに疎水基って油がくっつきやすい部分と、反対側に親水基で水がくっつきやすい部分とがあるんですよ。

シャンプーすると、油汚れに疎水基がくっついて、シャワーなんかで流す時に水が親水基とくっついて疎水基にくっついた油汚れが流れていく。

CMなんかで、マリモみたいな形で油汚れが浮くちゅーやつ見たことあるかな?

油は油同士でくっついて水が嫌いなんで、ああいう形になるんですよ。

んで、またこの話になるんだけど、石鹸も同じ。

代表的な石鹸も脂肪酸ナトリウムなんかもさ、油脂は天然に存在するし、アルカリも天然にあるもんだけど、脂肪酸ナトリウムっていう物質自体は自然はなくて、りっぱな合成もんじゃねーか?

とも思うんだけど。

まぁまぁ、自然もんの定義をどうすっかにもよるけで、泡は泡だろ(笑)

話を戻して、界面活性剤ってのはそんなもん。

界面活性剤が髪を溶かすとか言われているらしいんだけど。

どうせ、どっかのなんちゃら商法のおどしだとは思うけど。

やしが、実際、その可能性はあるとか。

っても、特定の界面活性剤なんかはダメージしたりするらしい。

やしが、界面活性剤は、強いもんから弱いものまで、種類は何百、何千種類と様々とあるわけで、そういうのの組み合わせで抑制、もしくは防止するわけ。

ようは、バランスなんですよ。

シリコンがだめ風潮になっているけど、シリコンなんかも、キューティクルの浮き上がり防止なんかのために配合されていたりしますからね。

洗浄成分だけのシャンプーでは、手触りが悪すぎてコンディショニング剤なんかも配合されていたりするけど。

手触りをよくするだけでなく、ダメージ防止の観点からもだとは思うんだけど。

油とりすぎるから、あとでまた油をくっつけるみたいのよりは、シンプルに洗うを目的としたシャンプーのほうがいいんじゃねーか?

うちでおすすめしている、DO-Sシャンプーはそんな感じのシャンプーなんですわ(#^.^#)

表示成分もコンディショニング剤なんかは、ほぼ使われていないし、設計はシンプル。

まさにシンプルイズベストの洗うに特化したシャンプーです♪

あっ?!

そうそう、基礎化粧品もそうだと思うんだすけど。

シャンプー選びの基本は、自分がどういう状態でどういう状態にしたいか。

オーガニックだからとか、なんちゃら成分がはいっているからとか理由でシャンプーを選ぶと失敗しますよ(笑)

沖縄県宜野湾市大山
美容室stylista みやぎ